看護師の常識「感染とは何か」をおさらい

感染とは?

感染とは?

「感染」とは

感染とは感染源であるウィルスや細菌などの病原体が、病原体を保有している「人」や「物」などの宿主から何らかの感染経路を経て体内に侵入し、増殖することです。体内に侵入した病原体が増殖すると身体が防御的な反応を起こし、発熱や下痢、嘔吐などが起こります。その状態を「感染症」といいますが、病原体が体内に入ってもすぐに感染するわけではありません。免疫力が高い人は病原体の増殖が微量なので感染まで至らないケースもあります。その場合は「感染している」とはいえません。ですが、病原体を持っている「保菌状態」なので、本人だけではなく周囲の人も注意が必要です。

どのような経路で感染するかを知っておく

感染経路を大きく分けると「飛沫感染」と「空気感染」の2種類に絞られます。ウィルスや細菌などの病原体には多くの種類があり感染経路も様々ですが、現在世界中を震撼させている新型コロナウィルスの感染経路は「飛沫感染」である可能性が高いと考えられています。感染を予防するにはどのような経路で感染するか知っておくことが大切です。「飛沫感染」と「空気感染」の違いについて見ていきましょう。

「飛沫感染」

感染者の咳やくしゃみなどの飛沫を直接吸い込むことによって感染することを飛沫感染といいます。病原体は鼻水や唾液、痰、便などと一緒に体外へ排出されます。咳やくしゃみをすると、病原体が含まれたそれらの飛沫があたりに飛び散り、周囲にいる人がその病原体入りの飛沫を吸い込むことによって感染が広がっていくのです。くしゃみをすると飛沫は半径2メートルの範囲にまで飛び散るといわれています。そのため感染者から離れた場所にいても感染する可能性があります。
飛沫感染による感染症で代表的なのは「かぜ」や「インフルエンザ」、「風疹」「おたふくかぜ」「マイコプラズマ」「RSウィルス」などです。

「空気感染」

空気中に浮遊している病原体を吸い込むことによって感染することを空気感染といいます。ウィルスや細菌などの病原体は感染者の咳やくしゃみなどの飛沫と一緒に体外に排出されます。つまり、病原体の周りを唾液や鼻水、痰などの水分が包んでいる、というわけですが、水分の重みがあるため、排出されるとすぐに床や机などに落ちてしまいます。病原体の中には水分が蒸発するとそのまま空気中を漂うものもあり、その中には感染力を保ったまま浮遊しているウィルスや細菌もあります。その場合は同じ空間にいるだけでも感染してしまいます。
空気感染による感染症で代表的なのは「はしか」や「水ぼうそう」といった病気です。空気感染を防ぐには、感染者を完全に隔離するしかありません。感染症が完治するまで空調管理に注意しながら過ごすしかないのです。外出する時も特別な配慮が必要です。

感染予防について詳しく知りたいなら

  • 今一度、感染予防の見直しを検討すべき

    不安なら転職もあり

    看護師の転職方法はいくつかありますが、当サイトがおすすめするのは看護師専門の転職サイトを利用することです。情報量が多く、転職活動を手厚くサポートしてくれるので転職がはじめての人も安心して任せることができます。

  • 注意すべきは院内感染

    「病院=安全」ではない

    院内感染を防ぐには病院側だけではなく、働いている職員や入院している患者さん、お見舞いに来た人など、病院に関係しているすべての人が正しい知識を持ち、一緒に取り組むことが大切です。遠慮せず、感染予防対策が実践できているかどうかを確認し合いましょう。

  • 看護業務の基本「感染予防」

    感染とは?

    感染経路について知っておくことも大切です。感染経路は「飛沫感染」と「空気感染」の2つに分けられます。飛沫感染は感染者の咳やくしゃみをした時の飛沫を介して感染するのに対し、空気感染は空気中に浮遊している病原体を吸い込むことによって感染します。

感染予防に注目

新型コロナウィルスが世界的に拡大している影響もあり、国民全体で感染予防の意識が高まっています。医療の最前線で働く看護師は特に感染リスクが高いため、感染予防を徹底することが大切です。看護師の感染予防についてまとめている当サイトへのお問い合わせは【こちら】から。