感染予防対策に不安があるのなら転職も考えてみよう

不安なら転職もあり

不安なら転職もあり

感染予防対策は病院によって異なる

世界中を震撼させている新型コロナウィルスによって、感染予防について1人ひとりが意識するようになりました。ですが、院内感染の予防は個人だけではなく病院全体で取り組まなければなりません。ほとんどの病院ではスタンダードプリコーションに沿った対策を行っていますが、「それだけ」です。ですが、独自の予防対策を行い、感染予防を徹底している病院もあります。医療従事者の中でもとりわけ看護師は感染するリスクが高いため、感染予防対策がどの程度徹底されているかどうかは非常に気になるところでしょう。もし、現在働いている病院の感染予防対策に不安があるのなら、我慢せず転職することも考えてみましょう。患者さんの健康を守る素晴らしい仕事ですが、自分の命をしっかり守れなければ最適な看護はできません。

看護師の転職方法

転職を後悔しないためには、どのような手段で転職するかが重要です。転職といえばハローワークや情報誌での求人探しを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それだけではありません。
例えば、友人や同僚からの紹介です。内部事情を知っている身近な人からの紹介なので確実性が高い方法です。リアルな内情を教えてもらえるため安心して転職できますが、断りづらいというデメリットもあります。自分には合わないから辞めようと思っても、紹介してくれた人に迷惑がかかるため辞めづらくなってしまうのです。スムーズに転職したい人におすすめの方法ですが、目先の安心だけにとらわれず慎重に検討することも忘れてはなりません。

当サイトのおすすめは看護師専門の転職サイト

近年、看護師の転職方法として主流になりつつあるのが看護師専門の転職サイトを利用することです。ネットで簡単に求人情報を検索することができるため時間や場所は問いません。空き時間を利用して求人を探せるため多忙な看護師にも利用しやすいのが大きな魅力でしょう。また、転職サイトによっては掲載エリアを限定せず全国各地の求人を扱っているところもあります。とにかく情報量が多いため選択肢の幅が広がり、自分に合う最適な転職先を見つけることができます。
転職サイトに登録すると担当者がついて転職活動全般をサポートしてくれます。求人探しはもちろん、履歴書の書き方や面接のアドバイス、入職後のフォローなど手厚くサポートしてくれるため、転職が初めての人も安心です。ただし、看護師専門の転職サイトは数が多いため、どのサイトを選べばいいのか分からないというデメリットもあります。サイトによって転職サポートの内容は異なるため、成功率を上げたいのであれば自分に合ったサイトを選ばなければなりません。

感染予防について詳しく知りたいなら

  • 今一度、感染予防の見直しを検討すべき

    不安なら転職もあり

    看護師の転職方法はいくつかありますが、当サイトがおすすめするのは看護師専門の転職サイトを利用することです。情報量が多く、転職活動を手厚くサポートしてくれるので転職がはじめての人も安心して任せることができます。

  • 注意すべきは院内感染

    「病院=安全」ではない

    院内感染を防ぐには病院側だけではなく、働いている職員や入院している患者さん、お見舞いに来た人など、病院に関係しているすべての人が正しい知識を持ち、一緒に取り組むことが大切です。遠慮せず、感染予防対策が実践できているかどうかを確認し合いましょう。

  • 看護業務の基本「感染予防」

    感染とは?

    感染経路について知っておくことも大切です。感染経路は「飛沫感染」と「空気感染」の2つに分けられます。飛沫感染は感染者の咳やくしゃみをした時の飛沫を介して感染するのに対し、空気感染は空気中に浮遊している病原体を吸い込むことによって感染します。

感染予防に注目

新型コロナウィルスが世界的に拡大している影響もあり、国民全体で感染予防の意識が高まっています。医療の最前線で働く看護師は特に感染リスクが高いため、感染予防を徹底することが大切です。看護師の感染予防についてまとめている当サイトへのお問い合わせは【こちら】から。