感染予防対策が適切かどうか検討することも大切

今一度、感染予防の見直しを検討すべき

今一度、感染予防の見直しを検討すべき

新型コロナウィルスによって院内感染予防の難しさが分かったかと思います。院内感染の予防対策は病院によって異なります。多くの病院ではスタンダードプリコーションに沿ってマニュアルを作成していますが、それに独自の取り組みを加えている病院もあります。患者さんと接する機会が多い看護師にとって働いている病院の方針は非常に気になるところでしょう。もし不満があるのなら自分の考えに合う病院に転職することをおすすめします。看護師専門の転職サイトを利用すると、確実に転職成功につなげることができます。

感染予防について詳しく知りたいなら

  • 今一度、感染予防の見直しを検討すべき

    不安なら転職もあり

    看護師の転職方法はいくつかありますが、当サイトがおすすめするのは看護師専門の転職サイトを利用することです。情報量が多く、転職活動を手厚くサポートしてくれるので転職がはじめての人も安心して任せることができます。

  • 注意すべきは院内感染

    「病院=安全」ではない

    院内感染を防ぐには病院側だけではなく、働いている職員や入院している患者さん、お見舞いに来た人など、病院に関係しているすべての人が正しい知識を持ち、一緒に取り組むことが大切です。遠慮せず、感染予防対策が実践できているかどうかを確認し合いましょう。

  • 看護業務の基本「感染予防」

    感染とは?

    感染経路について知っておくことも大切です。感染経路は「飛沫感染」と「空気感染」の2つに分けられます。飛沫感染は感染者の咳やくしゃみをした時の飛沫を介して感染するのに対し、空気感染は空気中に浮遊している病原体を吸い込むことによって感染します。

感染予防に注目

新型コロナウィルスが世界的に拡大している影響もあり、国民全体で感染予防の意識が高まっています。医療の最前線で働く看護師は特に感染リスクが高いため、感染予防を徹底することが大切です。看護師の感染予防についてまとめている当サイトへのお問い合わせは【こちら】から。